証明写真の背景色は何色がいい?

証明写真の背景色は何色がいい?

証明写真の背景の色について考えてみたことはあるでしょうか? とくに就活用の写真の場合、どんな色のバックが好印象を持たれるのか……。今回は証明写真の背景色についてまとめます。

写真店・写真館では背景色も選べる

写真店・写真館で証明写真を撮影するときには多くの場合、好きなバックスクリーンを選ぶことができます。カラーとして一般的なのは白、ブルー、グレー。少し変わったものだとオレンジ、ブラウン、グリーン、ピンクなどもあります。
また、フォトレタッチで背景色を変更できる場合もあるので、写真店・写真館のサービス内容を確認してみましょう。
均一なトーンのバックのほかに、グラデーションや雲模様が選べることもあります。
スピード証明写真の場合、背景は最初から決められていることが多いでしょう。ただ、最近は数種類のカラーが選べる機械も登場しています。証明写真ボックスでも背景色にこだわりたいなら、色を選ぶモードがあるかどうか確認してみてください。

無難な白、ブルー、グレー

エントリーシートや履歴書に使用する就活用の写真で考えると、背景色として無難なものを選ぶなら白かブルー、グレーになるでしょう。
白は最もプレーンな印象の写真に仕上がります。ただ、背景から人物がくっきりと浮き立ちすぎる写真になったり、背景が明るいために露出の調整がやや難しく、明るく写りすぎることもあります。

ブルーはあまり濃い青ではなく、薄い水色に近いものが背景色に適しています。履歴書用の写真でブルーを禁じているという会社はまずないでしょう。顔の色や表情もわかりやすい写真になるはずです。

グレーは白の弱点を補う背景色です。こちらも薄いグレーのほうが顔色がよくなるでしょう。ほんの少しグレーがかった白、という微妙なカラーが選べる場合もあります。反対にあまり濃いグレーだと全体に暗いイメージになってしまうことがあるので注意が必要です。

ちなみにパスポート用の証明写真では背景色の指定はありませんが、無背景(物や景色やほかの人物が写っていない)で、色は薄いものが望ましいとされています。ビザ申請用の写真では背景は白のみ許されるという場合もあるようです。
ビザ用の写真はやや特殊で、背景色は白のみ許されている国があるほか、インドネシアでは背景は赤、洋服は襟付きのものが指定されているなど国によって違うので注意が必要です。

個性を出すならほかの色も選択肢に

証明写真とはいえ少し個性を出したいというのであれば、ほかの背景色を選ぶのも悪くありません。履歴書の場合、あまり堅い業種向けでは避けたほうがいいでしょうが、明るさや華やかさを演出したいならオレンジやグリーンを選択肢に入れてもかまわないでしょう。
いずれも薄い色ならそれほど違和感もありません。

ブラウンはちょっと落ち着いた印象になります。ピンクは女性が使用するケースがほとんどと思われますが、フレッシュなイメージの写真になります。
新卒の場合は無難な背景色を選ぶ人が多く、中途採用ではほかの応募者との違いを際立たせるためにやや変わった背景色を選ぶ人が増えるという傾向もあるようです。

グラデーションや雲模様は?

グラデーションは、あまり極端なものでなければ履歴書用の証明写真でも普通に使用されています。むしろ色つきのバックの場合には多少のグラデーション処理がなされていたほうが自然な印象になるはずです。
雲模様は履歴書用としては一般的ではありません。家族写真などの記念撮影用に使われるものです。そのほかの背景パターンも、証明写真では使わないほうがいいでしょう。
証明写真を撮影するときには背景のことも考慮に入れましょう。写真店・写真館を利用するなら何パターンか背景色を変えた写真を撮ってもらって、後から自分で選ぶというのもよい方法です。

条件検索

1. エリア選択

2. 絞り込み検索