リクルートスーツとビジネススーツの違いって何?

リクルートスーツとビジネススーツの違いって何?

就活においてよく耳にするのが、リクルートスーツ。このリクルートスーツは、社会人が着用するビジネススーツとは少し違います。 
ここでは、この2つのスーツの特徴について説明します。

リクルートスーツとビジネススーツ

一般的に、リクルートスーツとは就活生が就職活動用に着用するスーツのことで、ビジネススーツはビジネスマンが着るスーツのこと。
スーツ自体に明確な差があるわけではないですが、リクルートスーツと呼ばれるものは、面接にふさわしく、誠実さをアピールできることを目的にしたスーツが選ばれています。
スーツ専門店では、就活シーズンになるとリクルートスーツの特設コーナーが設けられ、主に無地で黒や紺、濃いグレーのスーツなどが販売されています。

まずは黒のスーツがおすすめ

リクルートスーツでまず購入したいのが、黒のスーツ。社会人になってからも着用でき、結婚式などの冠婚葬祭の礼服としても利用できるというメリットがあります。
しかも黒のスーツは、顔を明るく見せてくれるので、証明写真を撮影するときにも最適ですし、ネクタイの色も合わせやすいので重宝します。
中に着るワイシャツは、白を選ぶのが無難。白いシャツはどんな色のネクタイとも組み合わせが良く、清潔感があります。

女性の場合は、パンツスーツよりもスカートのほうが、印象が良いと言われています。ただ、丈が短いスカートはNGです。膝と同じくらいの丈か、少し長めのものを選ぶようにしましょう。

スーツは、面接官に好印象を与えるものを選ぶことが大切です。自分に合うものが自分では判断ができない場合は、店員さんに相談してみるのもいいでしょう。スーツの専門家であるため、的確なアドバイスをもらうことができるはずです。

そして、大学3年から4年にかけて就職活動を行う場合、この期間はほぼ毎日スーツを着用することになります。清潔に保つためにも、最低2着のスーツは手に入れておきたいところ。特に、ズボンはシワが付きやすいので、2本以上は必要になってくるでしょう。

ビジネススーツは社会人になってから

一方、ビジネススーツには、クールビズやウォームビズといったエコを考えたカジュアルな服装も含まれています。これは社会人が働くために作られたスーツであるため、就活の面接には向いていません。
他にも、ブランドもののデザインに凝ったスーツや、縦縞が入った無地ではないものなど、オシャレな面を重視したスーツもあります。これらも、フレッシュさを欠き、就活には向いてないものが多いので、社会人になってから購入するようにしましょう。

スーツは最初から高いものを買う必要はありません。社会人になればスーツは毎日着用しますし、働き始めのころは数着しかスーツを所有していないので、同じものを繰り返し着るためすぐに傷んでしまいます。少し高めのスーツは、仕事をして貯めたお金でじっくりと選ぶと良いかもしれませんね。

条件検索

1. エリア選択

2. 絞り込み検索