SNSを就活で活用してみよう

SNSを就活で活用してみよう

就活で情報収集をする際、以前は新聞や雑誌、大学の掲示板などを利用することがほとんどでしたが、最近はインターネットを使うことが多くなりました。その際、企業のウェブサイトや就活サイトだけでなく、SNSを活用している就活生も増えてきています。今回は就活でSNSを活用する方法や注意点について解説します。

どうやって使うの?SNSを就活で利用する方法

最近は、TwitterやFacebookなどのSNSアカウントを持っている企業は多くあり、企業の情報を発信したり、就活に関する案内を行ったりしているので、自分が希望する企業のアカウントがあれば、フォローしてみることをおすすめします。
また、採用担当者の方がSNSアカウントを持っていた場合、直接連絡を取ることも可能でしょう。そのほか、SNS上のみで限定公開している就活イベントに参加できることもあります。

便利で効率的!SNSを就活で利用するメリット

SNSを就活で利用するメリットは、数多くあります。

  • ・就活の情報を効率的に集めることができる
  • ・企業の情報をリアルタイムで見ることができる
  • ・社員の人柄や会社の雰囲気を知ることができる
  • ・採用担当者に直接コンタクトを取れる可能性がある

SNSを活用することにより、情報収集がしやすくなったり、採用担当者とコミュニケーションが取れるようになったりします。そのため、その企業が自分にとって本当に働きたいと思える企業なのかどうかを判断しやすくなるでしょう。

即不合格!? SNSの就活利用でダメな例

SNSを就活で利用する際は、企業側に自分がSNSに載せた情報を見られる可能性があるということを念頭に置いておきましょう。

SNSに載せてはいけない例としては、未成年の飲酒や喫煙などはもってのほかですが、人の悪口やバイト先の愚痴、個人情報の記載などにも気を付けましょう。また、恋愛関係でこじれたこと、就活のことなど、軽い気持ちでアップしたものも見られてしまう可能性があります。

SNSは企業の採用担当者にとって、採用候補者の人となりを見られる機会でもあるため、内定の基準のひとつになっていると思った方が良いでしょう。また、特別悪いことはしていなくても、自分のあまりにもプライベートなことは見られたくないという考えを持っている場合は、就活用のSNSのアカウントを作成するというのもひとつの手です。

SNSは就活で上手く活用すれば、ほかの就活生より多くの情報を手に入れられるため、就活をスムーズに行うことができるでしょう。ただし、自分のアカウントで人に見られてはいけないような情報を載せていた場合、採用担当者に悪印象を与えてしまう恐れもあるため、SNSの使い方には注意が必要です。上記を参考に、就活でSNSを活用してみましょう。

条件検索

1. エリア選択

2. 絞り込み検索