就活の証明写真の撮影時期はいつがいい?

就活の証明写真の撮影時期はいつがいい?

エントリーシートや履歴書に使用するための就職活動用の証明写真はいつごろ撮影するのがいいのでしょう? 今回は就活用証明写真を撮る時期についてご紹介します。

「6カ月以内」または「3カ月以内」という原則

一般的に、市販の履歴書フォーマットを見てみると「履歴書に貼る写真は、なるべく6カ月以内に撮影したものを使ってください」と記載されていることが多くあります。
また、人材を募集している会社の求人要項には「写真は3カ月以内に撮影したもの」と書いてあることがあります。
なぜそのような注意書きがなされているのでしょうか? これは履歴書と本人の顔かたちが違っているのは望ましくないからです。証明写真は文字どおりその人であることを証明するための写真であり、現在の姿を正しく表しているものでなければならないという原則があります。
もっとも厳密に3カ月以内か、4カ月以内かを写真を見て見分ける方法はありません。ポイントは「現在の姿」と変わっているかいないかであり、逆に言えばたとえ3カ月以内に撮った写真であっても現在の姿との違いが著しい場合には、それは好ましくない写真ということになります。

実際に撮影するのもやはり「3カ月前」?

では実際の撮影時期はどうかというと、実際に就活を行った先輩たちの声を聞くとやはりエントリーシートや履歴書などの書類を用意する「3カ月前」くらいがいいという声が多いようです。
就活サイトがオープンし、急に忙しくなってからでは撮影もバタバタとした気持ちで行うことになってしまいます。少し早めに用意しておけば心に余裕が生まれるはずです。
また、写真店・写真館を利用する場合にはどこの写真店・写真館がいいのかリサーチする時間も必要で、さらに人気のスタジオは時期によって混んでしまうことがあります。
少なくとも3カ月前には納得のいく写真を撮って、デジタルデータももらっておきましょう。一度撮影が済んでしまえば、あとは必要に応じて焼き増しすればいいだけという態勢が整います。

ヘアスタイルや日焼けなどに気を遣おう

なお、少し早めの時期に写真を撮影するときは、実際に面接などを行う時期を予測してヘアスタイルなどを整えておく必要があります。
就活のために髪を切ろうと思っているのなら、まずそのヘアスタイルにしてから写真を撮るということです。
同じように、日焼けなどにも気をつけるべきです。就活を行う前に日焼けしてしまいそうな予定があったとしたら、日に焼けないための対策をするべきです。
履歴書の写真ではそうでもないのに、本人はすごく日焼けしているという状況はあまり印象がよくありません。
それでももし、写真を撮ったあとに、髪型を大きく変えた、あるいはすごく日に焼けてしまったというような変化があったのなら、もう一度写真を撮り直しましょう。証明写真の原則を思い出してください。

就活の証明写真を撮る時期を考えておくことは意外と大切です。相手企業の都合に合わせなくても先に自分だけで準備できることなので、時間の余裕のあるうちに行動を起こしましょう。そして納得のいく写真を撮影し、用意しておくよう心がけてください。

条件検索

1. エリア選択

2. 絞り込み検索