どんな格好すればいい?増えている就活の私服面接

どんな格好すればいい?増えている就活の私服面接

最近の就活は、面接や説明会などで私服を取り入れている企業が増えてきています。私服と言っても人それぞれですが、私服面接にはどんな服装がふさわしいのでしょうか? 就活における私服面接のマナーについて紹介します。

スーツ? 私服?

面接の案内に「服装自由」や「私服でも可」という文面で書かれた場合は、スーツ着用と考えておきましょう。スーツでも私服でもどちらでも問題ないような書き方の場合は、多くの就活生はスーツを着てきます。周りと違う服装になった場合に、堂々と面接で受け答えができるのであれば私服でも構いませんが、スーツで行くのが無難です。
案内状の文面によっては分かりづらいものもあります。どちらか判断がつかない場合は、やはりスーツを着用するのがいいでしょう。落ち着いて面接を受けるためには、不安を残さないことが必要です。

「普段着でお越しください」「私服でお願いします」など、私服着用を指定されている場合は、私服で面接に行くべきです。この場合の「私服」とは、一体どんな格好を指しているのでしょうか。面接における「私服」=「普段着」、ではありません。面接という場に、スーツ以外でふさわしいTPOにあった格好ができるのかどうか、ということを試されています。襟のないTシャツやジーンズ、革ジャン、スニーカー、リュックなど、ラフなイメージの服装は避け、ビジネスカジュアルと言われるきっちりとしたスタイルでいきましょう。

ビジネスカジュアルとは?

ビジネスカジュアルとは、節電やエコのためにクールビズやウォームビズの服装として、数年前から企業で取り入れられているスタイルです。男性であれば、落ち着いた色のジャケットにシャツ、チノパンもしくはスラックス、革靴といったシンプルで清潔感のある服装がスタンダード。シャツは白系など明るめがおすすめです。夏であれば、半袖のシャツやポロシャツも可ですが、丈の短いパンツやサンダルなどラフ過ぎる格好はNGです。

女性の場合は、ジャケットとブラウス、またはカーディガンとブラウスに、パンツやスカートを合わせ、足元はストッキングとパンプスでまとめるなど、カッチリと見える格好を目指しましょう。男性と同様、派手すぎず、清潔感は心掛けて。ただし、胸元の開いた服装や丈の短いスカートなど露出の高い格好、高すぎるヒールやミュールなども就活には適していないため、避けてください。20代以上向けの女性ファッション誌には、働く女性向けのビジネスカジュアル、オフィスカジュアルが特集されていますので、参考にするとよいでしょう。

企業が私服着用を指定する理由は、業界によるところが大きいと考えられます。マスコミやクリエイティブ関係の企業が、自由な社風をアピールするという目的がひとつ。もうひとつは、デザインやアパレル関係などの企業が応募者のセンスを確認するためです。私服での面接はスーツでの面接よりも、特に個人のマナーと身だしなみがチェックされている可能性が高いので、清潔感のある服装を心がけましょう。

条件検索

1. エリア選択

2. 絞り込み検索