証明写真を自分で撮影してみよう

証明写真を自分で撮影してみよう

急に証明写真が必要になったり、コストを少しでも抑えたい時、デジカメを使って自分で撮ることはできないのでしょうか? 今回は証明写真を自分で撮影するコツをご紹介します。

背景を用意する

バックは白が基本です。白い壁があるならそれを利用するのが手っ取り早いでしょう。なければシーツを貼る、大きなポスターを裏返して貼る、模造紙やボール紙を貼るといった方法でバックスクリーンにします。ただ、真っ白な背景はデジカメの自動露出を使ったときにうまく調整が効かなかったり、光量が足りないと四隅が暗く写ったりすることがあります。一番アラが出にくいのは、実はグレーのバック紙です。
裏面がグレーの大きなボール紙があれば、それを利用するのが最適です。

照明を用意する

フラッシュを使うのはおすすめできません。直接被写体に当てると影ができるからです。顔も不自然にテカって見えたり、メガネが光ったりします。
一番頼りになるのは日中の太陽光ですが、直射日光はやはり影ができます。直接太陽が差し込んでいない、室内の明るい場所を選んで撮影場所にしましょう。
太陽光が足りないときは電気スタンドなど複数のライトを用意します。蛍光灯か白熱球かによって写真の色味が変わるので、デジカメ側でホワイトバランスを調整すると自然な色合いになります。
光が強すぎるならライトをコンビニ袋などで覆います。照明は人物の左右斜め上から当てると瞳に光が映り込む「キャッチライト」という効果が期待できます。
光を反射させるレフ板を顔の下から当てるのも顔を明るく見せるのに有効です。レフ板は白い画用紙やハンカチで代用できるので、膝の上などに置いてみましょう。

三脚を活用する

誰かに撮ってもらうのでなければ三脚が必須です。なければ100円均一ショップで売っている小さな三脚を使ってもかまいません。椅子などを組み合わせて、目の位置と同じ高さにカメラが来るようにセットしましょう。
写すのはバストアップと呼ばれる胸から上の部分です。写真は後からトリミングできるので、カメラを縦にして、ある程度余裕を持って頭のてっぺんからお腹のあたりまで写るようにアングルを決めます。

カメラはあまり近づけて写さないほうが無難です。近いと広角になり、目と目が離れて写るような少しいびつな写真になります。少し離れた位置からズームで撮るくらいがちょうどいいでしょう。撮影はセルフタイマーで、連写モードにして撮ります。納得いく写真が撮れるまで何度かチャレンジしましょう。

「自分撮り」のメリットとデメリット

証明写真を自分で撮るメリットは費用を安くすませられることと、自分が納得のいく写真が撮れるまで何度でも挑戦できることです。時間のないとき手軽に撮れる……とも言いたいところですが、実際には案外、手間と時間がかかってしまいます。また、写真のクオリティーを上げるにはカメラ撮影のスキルに加えて、加工やプリントのことを考えるとパソコンスキルも必要です。
アルバイト応募用の履歴書写真程度であれば「自分撮り」でもいいのですが、就活などで使用する証明写真はやはり写真店・写真館を利用するほうが安心です。証明写真を自分で撮影するときは、何に使う写真なのかも考えたうえで挑戦してみてください。

条件検索

1. エリア選択

2. 絞り込み検索