就活で選考辞退する時のマナー

就活で選考辞退する時のマナー

就活で1社のみしか受けないという人は、ほとんどいないのではないでしょうか。大抵は、魅力を感じる企業、行きたいと思った企業を何社か受けることになるでしょう。その際、いくつかの企業の選考が進んでいる中、めでたく第一希望の企業から内定をいただくことがあります。選考が進んでいるほかの企業のことも気になってしまうかもしれませんが、実際に就職できるのは1社だけなので、入社を決めた会社以外の会社には選考を辞退することを伝えなくてはいけません。今回は選考辞退の上手な伝え方やマナーについてご説明します。

よく考えて!選考辞退をする前に……

せっかく入社試験を受け、選考に進んでいる企業。まずはこのタイミングで本当に辞退して良いものなのか、よく考えてみましょう。いろいろな側面から企業を見たり、比べたりすることで、今まで見えてこなかったことが見えてくる可能性もあります。一度辞退したら、「やっぱり入社したいです」と言って戻ることはできません。辞退の前には自己分析や企業力なども含めて、再度考えてみましょう。

電話で選考辞退する場合のマナー

選考辞退を伝える方法は、電話とメールがあります。ここでは電話で選考辞退をする場合のマナーについてご説明します。

電話をする時間帯

採用担当者が忙しい時間は避けなくてはいけません。始業就業前後や昼休みの前後の時間は外すようにしましょう。

電話で話す内容

やたらと明るい声を出したり、暗すぎたりせず、「先日は、選考通過のご連絡をいただき、ありがとうございます。」という感謝の気持ちと、「この度は、選考を辞退させていただきたくご連絡いたしました。お忙しい中貴重なお時間を割いていただいたにも関わらず、大変申し訳ございません。」と謝罪の気持ちを込めて話します。このとき、言い訳じみたものは必要ありません。

電話をする場所

周りがガヤガヤしているような場所や、電波が悪い場所は避けるようにしましょう。

電話を切るタイミング

電話を切るのは、相手が切ってからというのが基本的なマナーです。また、固定電話でかける場合には、相手の電話が切れていなかったときのことを考えて、受話器を静かにおくようにします。

基本的にはメールより電話で伝えた方が誠意を表し、丁寧な印象を残すことができるでしょう。また、同じ業界の企業に行く予定の場合は特に、入社後もお付き合いすることがあるかもしれないため、入社しないという場合でも、きちんとした対応をしておくことは大切です。

メールで選考辞退をする場合のマナー

外出することの多い採用担当者の場合は、社内にいることが少なく電話がなかなか繋がらないこともあります。そのようなケースであれば、メールで選考辞退をしても問題ないでしょう。その際は、以下の点に注意するようにします。

メールを送る時間

メールの場合は、何時に送っても迷惑ということはありませんが、すぐに確認してもらうことはできないため、できれば企業の就業時間内に送った方が良いでしょう。

メールの書き方

件名には、「選考辞退のご連絡 ○○大学△△(名前)」というように、自分の名前と選考辞退の旨がすぐに分かるように書きましょう。そして本文では、「選考通過のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。」と感謝の意を述べてから、「●●の事情により、選考を辞退させていただきたく存じます。」と、選考を辞退する旨を簡潔に伝えます。

メールを送る時期

企業側は、あなたを採用するつもりで次の選考の準備を進めてしまいます。選考が進んでから、あるいは内定をいただいてから辞退するのでは、採用予定人数を調整することができなくなり企業側に迷惑をかけてしまうため、選考辞退すると決めたらすぐに連絡を取るようにしましょう。

就活で選考を辞退する場合には、今後もその企業と付き合いがあるかもしれないということを念頭において、しっかりと挨拶をすることが大切です。選考に時間を割いていただいたことに対する感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

条件検索

1. エリア選択

2. 絞り込み検索