運転免許証の期限が切れたときの手続き

運転免許証の期限が切れたときの手続き

運転免許証には有効期限があります。そのため有効期限が切れる時期には更新が必要ですが、もしもこの更新をし忘れてしまったらどうなるのでしょう?今回は運転免許証の期限が切れた時の手続きについて解説します。

運転免許証の有効期間

運転免許証の有効期間は免許証の有効期間欄の地色によって異なっています。

緑色(グリーン)

「グリーン免許」は新規に運転免許証を取得した時に交付されます。有効期間は3年間です。

青色(ブルー)

「ブルー免許」はグリーン免許から最初の更新で交付されるものと、「過去5年間に軽微な違反1回(3点以下)のドライバー」に交付されるものとがあります。有効期間は、前者はグリーンと同じく3年間ですが、後者は5年間となります。
3点以下の軽微な違反とは、駐停車違反、通行禁止違反、シートベルト装着義務違反、一般道路30km未満、高速道路40km未満の速度超過などが該当します。

金(ゴールド)

「ゴールド免許」は更新前の免許証の有効期限満了日直前の誕生日の、41日前から5年間さかのぼって交通違反や交通事故をしていない、無事故・無違反の優良運転者に交付されます。有効期間は5年間です。正式には優良運転者免許証と言います。

なおこれ以外に、過去5年間に1点以上の違反が2回以上、あるいは6点以上の違反があった場合は、更新された免許証の有効期間は3年間となります。

また、70歳の人で過去5年間、無事故・無違反、または過去5年間に3点以下の違反1回だけの場合は、更新された免許証の有効期間は4年間となります。過去5年間に1点以上の違反が2回以上、あるいは6点以上の違反があった場合は3年間です。

71歳以上の人は、更新された免許証の有効期間は3年間です。

運転免許証の有効期限が切れてしまったらどうなるの?

さて、では免許の有効期限が切れてしまったらどうなるのでしょう。更新期間内に更新を行わなかった場合、免許は効力を失い、失効となります。免許が失効したまま車を運転していれば当然、無免許運転ということになり、1年以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられます。

失効すると免許は更新の手続きができなくなります。ただし、再び運転免許試験を受験して免許を再取得することは可能です。これが原則で、失効後一定期間内なら再取得の際に一部試験が免除されます(後述)。
特別な理由がなく失効後1年を超えてしまった場合には、最初から改めて免許を取得し直さなければいけません。
なお、運転免許証が失効しても、「免許が失効しました」といった通知が来ることはないので注意してください。

うっかり更新を忘れて失効してしまったら?

更新手続きをしなかった場合、以下の条件で免許の再取得を行う際に試験の一部が免除されます。

うっかり失効してしまった人(更新忘れなど)

失効後6月以内の人
学科試験と技能試験が免除されます。本籍地記載の住民票、写真などの他、運転免許申請書(有効期限切れ用)などを提出して手続きをします。適性試験はあります。また所定の講習を受けます。

失効後6カ月を超え1年以内の人
大型自動車、中型自動車、普通自動車の免許保有者だった人に限り、仮免許試験の学科と技能試験が免除されます。つまり、仮免許証が発行された状態からの再取得となり、新たに本試験の学科と技能試験を受けて合格しなければいけません。適性試験と講習もあります。

やむを得ず失効してしまった人(海外旅行や入院など)

失効後6カ月以内の人
学科試験と技能試験が免除されます。やむを得ない理由が発生したことを証明する書類を添付して申請し、認められれば、失効した免許を受けていた期間が継続していたものとみなしてもらえます。

失効後6カ月を超え3年以内の人
やむを得ない理由が発生した日から起算して1カ月以内に、理由を証明する書類を添付して申請し、認められると、学科試験、技能試験が免除されます。

以上のように、一度運転免許証が失効してしまうと、再取得には手間もお金もかかってしまいます。更新の手続きは確実に期間内に行うことが第一、もしも失効させてしまった場合でもできるだけ早く再取得の手続きを行いましょう。

条件検索

1. エリア選択

2. 絞り込み検索