高校生アルバイト面接の履歴書の書き方

高校生アルバイト面接の履歴書の書き方

アルバイトデビューする高校生の方の中には、履歴書を書くのも初めてという人が多いのではないでしょうか?「何を」、「どんなふうに」、「どうやって」書けば良いのか――
ここでは高校生が履歴書を書く際に、どういう点に注意したら良いかを説明していきます。ポイントを押さえてミスのないように作成しましょう。

まずは履歴書の書き方の基本を知っておこう

いまの時代、資料作成と言えばパソコンで作成するのが常識となっています。しかし、履歴書は、どの時代でも“手書き”が基本です。
この要因としてはさまざまな意見がありますが、よく言われているのが、その人の“熱意を伝える”ということ。履歴書は1枚書くだけでもそれなりの労力を使います。その時間を惜しまない、その熱意がプラスに働くということです。
ただ、業種によってはパソコンで作成したものでも問題ない場合もあるので、ご両親や先輩など、働いた経験がある人に一度相談をしてみるのも良いかもしれません。

そして、記入する際には、鉛筆を使わず、必ず黒のボールペンを使うようにしましょう。
もしうっかり間違えてしまったら、新しい履歴書に最初から書き直すようにしてください。修正液や修正テープを使うのは絶対にNGです。
このような書き間違いを防ぐためには、ボールペンで記入する前に鉛筆で下書きをしておくことをおすすめします。
なお、履歴書を何度も書くのが手間だからといって、書いたものをコピーして使い回すのも、もちろんNGです。

好感を抱いてもらえる、良い履歴書にするためには、なるべく空欄を作らず、全ての欄を埋めておくことが大切です。なお、履歴書に虚偽の内容を記載してはいけないことは言うまでもありません。

履歴書の項目別書き方のポイント

履歴書はいくつかの項目に分かれており、それぞれの項目ごとに書き方の基本的なルールがあります。このルールに沿った書き方をすることで、好印象につながります。

日付

右上に日付を記入する欄があります。面接の際に履歴書を持参するときには、ここに面接日を書きます。事前に郵送する場合には、ポストへ投函する日を書くようにしましょう。

印鑑

名前を記入する欄の横に印鑑を押すスペースがあります。かすれたりにじんだりしないように気を付け、まっすぐに。印鑑は失敗しやすいので、何度か別紙で試してから押すようにしましょう。

証明写真

上半身を正面から撮ったもので3カ月以内に撮影したものを貼付しましょう。服装は制服でも私服でもかまいませんが、あまりラフな服装は避けた方が無難です。顔がしっかり見えるように帽子はかぶらず、メイクする場合にも高校生らしく派手にならないよう、あくまでナチュラルメイクを心掛けてください。なお、履歴書にプリクラやスナップ写真を使うのはNGです。

学歴・職歴

1行目の中央部に「学歴」と記載し、次の行から書いていきます。小・中学校は卒業年月のみ、高校は入学年月も書きます。現在も在学中である旨も書いておきましょう。アルバイト経験がある場合には、「職歴」と書いてアピールすることもできます。職歴は、学歴の下に1行空けて書き始めるようにしましょう。職歴がない場合には、学歴のみでかまいません。

免許・資格

免許や資格を持っている場合には、応募する職種に関係ないものでも書いておきましょう。取得のために努力したことを評価してもらえます。記入するときには、取得年月順に正式名称で書いてください。

自己アピール

自己アピールはとても重視されるポイント。「特になし」などと書かないよう、できるだけ詳しく書きましょう。内容としては、自分の性格の良いところや、クラスやクラブでどのような役割を果たしているかなどを書くのがおすすめです。「小学校のときからボランティア活動に参加しており、人の役に立つことが大好きです」、「テニス部の部長を務めており、リーダーとして部員をまとめています」など、できるだけ具体的に書きましょう。

志望動機

なぜその仕事をしたいのかという理由を詳しく書いていきます。「お金が欲しいから」という理由でアルバイトを始める人も多いかもしれませんが、何のためにお金が必要なのかを書かなければいけません。「大学に進学するための費用を貯めたい」といった明確な目標があればぜひアピールしましょう。
「その仕事に興味がある」というのも志望動機になります。この場合にも、「子どもの頃から本が大好きなので、本屋で働くのが長年の夢でした」というように具体的に書くことが大切です。

その他希望記入欄

学校の都合で勤務できない曜日や時間帯がある場合には記入しておきましょう。「連絡は携帯電話にしてほしい」などの要望がある場合にもこちらに書いておくと良いでしょう。

新しくアルバイトを始めるときには、第一印象が肝心です。たとえアルバイトでも、履歴書はとても大切なものです。できるだけ印象の良い履歴書になるよう、作成のポイントをしっかり押さえておきましょう。

条件検索

1. エリア選択

2. 絞り込み検索