男性も女性も。就活は髪型で印象アップ

男性も女性も。就活は髪型で印象アップ

就職活動の面接において、面接官は学生のどこを見ているのか。面接時の外見、振る舞い、受け答え…。面接官は、あなたがなぜその服装をしてきたのか、なぜその考えに至ったかという人間性そのものが社会人として適切であるか、会社の人間として働くにふさわしいかを見極めています。あなたの見た目の印象が、意図せず評価を下げていては困りますね。ここでは就活で好印象を残す男性・女性の髪型について紹介します。

男性・女性とも清潔感が大切

人が人と話をするとき、視覚からの情報が半分以上を占めていると言われています。特に髪型は、見た目の評価を上げるポイントのひとつ。顔の作りや体型と違い、髪型はちょっとした工夫ですぐに好感度をあげることができるのですから、きちっと事前に対策をしておきましょう。

男性・女性問わず、髪型で必要となるのは清潔感。アパレル系の業種であれば流行のデザインにしてセンスの良さを印象付けるのもひとつの方法ですが、清潔感を重視することはいかなる業種でも共通認識です。そして大前提として、寝癖やフケには要注意。出掛ける前に、鏡の前で入念にチェックをしましょう。

男性は眉毛にかからないくらいの短髪に

男性の場合は、前髪が眉毛にかからないくらいの短髪がおすすめです。おでこを出すようにセットすれば、バイタリティ溢れる活発な印象に。ただし、髪をすべて立てたり、オールバックなどはカジュアルすぎてしまうので、避けた方がいいでしょう。また、両サイドを押さえて、スッキリと短くカットすれば、前向きで明るい印象にも。

もみあげは基本短く。耳周りは、髪の毛が耳にかからないようにカットするか、整髪料でしっかりとセットして耳を出し、襟足も適切な長さにカットし、正面から見たときに横へ飛び跳ねないようにしておきましょう。髪色は黒髪が基本ですが、カラーリングしていることそのものが敬遠されることもありますので、黒染めよりは地毛の自然な髪色に。

女性の髪形

会社によっては落ち着いたブラウン程度の茶髪を許可しているところもあるようですが、さまざまな会社を受けることを考えたら髪の色は地毛、もしくは黒とするのが汎用性が高いと思われます。

長さは、仕事がしやすいスタイルということを意識してください。お辞儀をしたときに髪の毛が顔にかからないよう、そして耳が隠れないようにセットすると、より清潔感を出すことができます。前髪は、顔をしっかりと見せるように、眉毛より短くカットするか、眉毛にかからないようにセットすること。前髪セットにヘアピンを使う方もいると思いますが幼く見えてしまうこともあるので、ピンを使うならほかの髪で隠すか、スプレーなどで崩れないようにしたほうがいいでしょう。

髪の長い方は、ポニーテールやハーフアップにされる方も多いですね。高い位置だと元気で活発な印象を与える反面、カジュアルな印象を与えますので、耳と同じくらいの高さで結ぶのがいいでしょう。結ぶ際には、黒ゴムだと無粋な印象を与えることもありますので、黒など落ち着いた色のバレッタやシュシュを利用するとワンランク上の印象に。

女性のほうが、長さやアレンジによる見せ方のバリエーションが豊富です。自分を良く見せる髪型を事前に家族や友人に見てもらって、面接に臨むことをおすすめします。

面接官は一回りも二回りも歳が上の、価値観の違う世代です。自分の価値観で判断するのではなく、その世代の感覚ならどのような見た目ならば好感を持たれるかということを考えて、髪型を決めましょう。

条件検索

1. エリア選択

2. 絞り込み検索