就活の軸の明確化が成功の秘訣

就活の軸の明確化が成功の秘訣

どんなに一生懸命頑張っても、就活が思うようにいかないことが多いと思います。就活を続けていてもなかなか採用が決まらない場合には、「いったいどうすれば就職に成功するのか……?」と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?
就活を行って理想の就職先を見つける際のポイントとしては、“軸”を明確にすること。ここでは、その軸を見つけ出す方法を紹介していきます。

就活の軸とは何か?

就活を成功させるには、企業研究や面接のノウハウ習得だけに精を出せば良いというわけではありません。それよりも、「就活の軸」と言えるものを持っておくことが大事です。

就活の軸とは、「自分が将来どうなりたいか」という明確な方向性を決めるということ。分かりやすく言えば、将来の夢や目標を決めておくということになります。夢や目標を持つことにより、就職をするということが、自分の目標に向かうための手段と位置付けられます。

この“軸”を決めることで、どういったところに就職をして、どんな仕事がしたいのかがはっきりしてくるので、就活においても迷いがなくなってくるでしょう。

就活の軸を持つ重要性

就活の軸を持たずに手当たり次第企業にエントリーしても、採用にはなかなかつながりません。軸を持っていなければ、採用担当者にも、「この会社で働きたい!」という意志が伝わらないからです。

就活の軸ができると、就職に対する自分の基本的な考え方が固まります。そうなれば、企業選びにも一貫性が出てくるでしょう。

就活の軸を持つということは、自己分析を行うということでもあります。その上で企業を選定するのですから、志望動機にもおのずと説得力が出てきます。さらに面接の際にも、受け答えに矛盾がなくなるので、高評価を得ることができます。
このように、就活の軸を持つことが、理想の就職への近道です。

就活の軸の作り方

就活の軸を作るときには、まずは自己分析を行う必要があります。自分の得意なことやこれまでの経験を振り返りながら、自分が何のために就職したいのかを少しずつ整理しましょう。

自己分析の過程では、「専門性を活かした仕事がしたい」、「人の役に立つことがしたい」、「興味のある分野がある」など、思いついたことをピックアップし、ノートに書きとめて整理するのがおすすめです。こうすることで、自然と軸が見えてくることがあるからです。

自分なりに自己分析してもなかなか軸が見えてこない場合には、「自分はどんな人生を送りたいか」ということを考えてみましょう。「人生の中で自分が大切にしているものは何か」という視点から考えると、自分が目指したい方向性に気付くことができるかもしれません。

自分自身については見えにくいこともありますから、客観的な意見を参考にするのも1つの方法です。家族や周りの友人、知人に聞いてみることで、自分について新たな発見があることもあります。
「自分はこういうことが得意なんだ」、「自分はこういうことがしたかったんだ」ということに気付いたら、実際にそういった方面で働いている人に話を聞いてみると、より軸が明確になってくるでしょう。

軸を持たずに就活をしていれば、いつの間にか自分の希望からそれてしまい、ますますうまくいかなくなってしまいます。ブレない軸をしっかり持つことで、希望に沿った就活ができますから、満足できる就職先が見つかるはずです。

条件検索

1. エリア選択

2. 絞り込み検索